このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。

TEL:024-573-2640


ふ く し ま 台 風 1 9 号   
災 害 支 援 基 金   


 令和元年台風19号に伴う災害で被災された皆様、困難な状況にいらっしゃる皆様、ご関係の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 「ふくしま台風19号災害支援基金」は、令和元年台風19号による福島県内の被災地・被災者への民間非営利の支援活動を支えるための基金です。一日も早い復旧・復興を願う全国・全世界の方々からのご寄付により成り立っています。お預かりしたご寄付は、福島県内の台風19号被災地・被災者支援活動に助成する資金として活用させていただきます。
 皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
 ※本基金は、福島県初のコミュニティ財団である一般財団法人ふくしま百年基金が設置・運営を行なっております。

【お問合せ情報】
〒960-8062 福島県福島市清明町1-7 大河原ビル2階
TEL:024-573-2640 FAX:024-573-2641 Email:info@cf-fukushima.org

第2期助成の募集を開始しました!

「ふくしま台風19号災害支援基金」第2期助成募集要項
■目的
「令和元年台風19号」は福島県内にも甚大な被害をもたらしました。この災害における福島県内の被災地・被災者支援にあたる活動に対して資金助成を行なうことで、一日も早い被災地・被災者の復旧・復興を促進することを目的とします。

■対象団体
福島県内に事務所を置き、「令和元年台風19号に伴う災害」の被災地支援にあたる民間非営利団体(NPO、一般・公益社団法人、一般・公益財団法人、社会福祉法人、任意団体、地縁組織、避難所など)
※法人格の有無などは問いません

■対象となる活動
福島県内における「令和元年台風19号に伴う災害」に関連した被災地・被災者の支援活動

■助成コース
以下の2コースの助成プログラムがあります。

(1)緊急支援コース
・概要:被災者・被災地のニーズに基づき、特に緊急性の認められる事業に対して助成するもので、機動性の高い柔軟な支援が求められます。
・助成金額:1団体20万円を上限とし、助成総額100万円に達するまでの支援とします。
・助成対象期間:2019年12月1日(日)~2020年1月31日(金)

(2)被災者健康ケアコース
・概要:被災者の心身の健康を守るための事業に助成するもので、当該事業の継続性が求められます。
・助成金額:1団体50万円を上限とし、助成総額100万円に達するまでの支援とします。
・助成対象期間:2019年12月1日(日)~2020年4月30日(木)

■申請方法
申請書をダウンロード。メールまたはFAXで申請。
申請先メール:saigai@cf-fukushima.org
FAX:024-573-2641

■応募条件
・福島県内に事務所を置く団体であること
・福島県内での被災地・被災者緊急支援活動や調査
・現状把握活動に限る
(県境での活動で県をまたぐ場合にはご相談ください)
・活動終了後、
 1ヶ月以内に活動報告書の提出と公開への同意をいただける団体
 ※1ヶ月以内の提出がない場合、団体名を公表の上、
 助成金の返還を求める
・助成期間中に活動状況に関するヒアリングや情報提供に
ご協力いただける団体

その他、詳細は以下の募集要項をご確認ください。

募集要項と申請用紙は以下よりダウンロードしてください。
第2期
募集要項
緊急支援
申請用紙
被災者健康ケア
申請用紙
被災者健康ケア
申請用紙

各地の被災状況

2019年10月13日現在
本宮
郡山
須賀川
都路・川内
都路・川内
いわき
須賀川

福島県内の被災状況
(2019年10月13日現在)

【避難所開設】
・開設市町村 18市町村
・避難所数 89ヵ所
・受入避難者数 1,390人
・受入避難世帯数 684世帯

【人的被害 ※調査中】
・死者 6人
・行方不明者 3人
・重傷者 2人
・軽傷者 9人

【住宅被害 ※調査中】
・全壊 6棟
・半壊 0棟
・一部損壊 137棟
・床上浸水 91棟
・床下浸水 137棟

※令和元年10月12日 台風第19号による被害状況即報 (第による被害状況即報 (第被害状況即報 (第9報)より一部抜粋。

福島県庁の被害状況速報

福島県社協の災害ボランティア情報

ふくしま百年基金について

『ふくしま百年基金』は180名(ネット募金を通じた寄付者はのべ1,763名)の地域住民や団体が寄付を持ち寄り設立した、福島県初のコミュニティ財団です。
ふくしまに関わる一人ひとりが“ジブンゴト”として地域の未来を考え、担っていこう。そんな沢山の方の想いが集まり『ふくしま百年基金』が生まれました。“志”に基づく資金をお預かりし、地域の困りごとを解決して魅力あふれる未来を作っていくための活動に資金助成や融資などを行ないます。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

最新情報はfacebookでも発信しています。